「おおつ健康フェスティバル」に参加しました!

Pocket

平成30年10月21日(日)、2018おおつ健康フェスタに出展し、「家庭の省エネ簡易診断」、「茶殻入りホットケーキ」、「旬の食べ物」、「地産地消のすすめ」などの啓発事業を実施しました。

①家庭の省エネ簡易診断

①-1.「家庭の省エネ簡易診断」では簡単なアンケート用紙に記入していただき、家庭のエネルギー・家計の健康度を診断しました。子どもたちは、白熱電球、蛍光灯、LEDの消費電力の違いをモデルでしっかり確認していました。

①-2.「おおつヒカル君」も「家庭の省エネ診断」に来てくれました。

①-3. 参加者は、LED球と白色球との比較「明るさと消費電力の少なさ」に「びっくりしていました。」

①-4. 家庭の省エネ診断には、沢山の方が興味を持っておられ、スタッフの対応も嬉しい忙しさでした。

②-1.「茶殻入りホットケーキ」の試食

「茶殻入りホットケーキ」の試食は大人気。お茶を飲んだ後の茶殻にはまだまだたくさんの栄養が残っています。捨てれば単なるごみですが、食べれば栄養たっぷりの食品です。美味しく食べて、健康に!

②-2. 子ども連れの家族も沢山立ち寄って下さいました。

②-3. 「おおつヒカル君」も「茶殻入りホットケーキ」を食べてくれました。

②-4. 「茶殻いりホットケーキ」いくら作ってもすぐなくなりました。

★「ホットケーキ」のお隣では、「①石油を食べたり、②外国の水を飲んだりしていませんか」の張り紙。①は、ハウス内で石油ヒーターで育てられたトマト・キュウリなどを食べている事。また②は、外国で大量の水を使ってそだてた作物(牛肉なども含む)を、燃料を使って遠くから運んだ食材を食べている事。・・・食べたら、石油や外国の水を食べているのと同じことです。➞なるべく「地元でとれた旬のもの」をいただきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です