大津市科学館事業「夏季特別講習会」支援 実施記録

Pocket

大津市科学館事業「夏季特別講習会」支援 実施記録

  • ◇目的:本講習会は、子どもたちの水環境を体現する芽を、身近な川の生きものから川の健康診断をすることにより、びわ湖の水環境を保全する心を育成することを目的とする。
  • ◇日時:平成26年8月7日  8:30-12:00
  • ◇場所;大津市科学館、三田川(下流区域)
  • ◇参加者:大口、住田、中西、本多、三田村
  • ◇概要:身近な川として三田川を取り上げ、三田川の生きものを通して川の健康診断をすることとした。

 三田川の下流区域(御霊神社横)で水生生物を採集して大津市科学館に持参した。(担当:住田、中西)


 

 大津市科学館では、下記のスケジュ-ルで講習会を進めた。

  •  10:00~   挨拶(科学館)、講師紹介

講演「びわ湖の水環境を守るために、私たちの身近な川の生きものを診よう」 (講演:三田村)

  •  11:00~   三田川で採集した生きものを観察

(指導:フォ-ラムメンバ-)

  •  11:50~   総括(担当:三田村)
  •  12:00    終了

 参加した子どもたちは、講習会全体を通して熱心に取り組んでいた。


観察された水生生物

水生昆虫

シロタニガワカゲロウ、カワトンボのなかま、コオニヤンマ、コヤマトンボ、サナエトンボのなかま、ヒラタドロムシのなかま、ナガレトビケラのなかま、ヒゲナガカワトビケラ、グマガトビケラの巣、

水生動物

サワガニ、カワニナのなかま、カワムツ、ドンコ、ヨシノボリのなかま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です