「田んぼの中の生き物の観察」に参加しました。

Pocket

6月4日、子供と家族が参加する「田んぼの中の生き物観察会」が大津市主催(NPO法人 おおつ環境フォーラムが実施)で、大戸川「稲津橋付近の田んぼ」で開催されました。曇り空の観察日和で子供たちは、田んぼの畦道から田んぼの中の生き物を見つけ、金魚網ですくってバケツに入れました。色んな生き物が生息していることにビックリ・・・、時間の経つのも忘れで「オタマジャクシ、ホウネンエビ、カエル」などをすくってました。

参加者が捕獲した水田の生きものはこちらからどうぞ!

④-1田んぼの生き物採取

①本日のスケジュール説明(アクア琵琶にて)

★田んぼの中の生き物観察・説明

②生き物採取の「田んぼ」へ歩いて・・・

①田んぼへ行き道★

③-1田んぼの生き物採取(大人も子供も真剣に・・・)

④-5田んぼで生き物採取★

③-2 田んぼの生き物採取(大人も子供も真剣に・・・)

④-4田んぼの生き物採取

③-3 田んぼの生き物採取(大人も子供も真剣に・・・)

④-3田んぼの生き物採取

④田んぼて採取した生き物(オタマジャクシ、ホウネンエビ、カエルなど)

④-10生き物採取

⑤さぁ~アクア琵琶で採取した「生き物」を観察だ!

④-11生き物確保・帰り

⑥-1 アクア琵琶で観察

⑥-1アクア琵琶の2階で「生き物観察」

⑥-2 アクア琵琶で観察

⑤アクア琵琶の2階で「生き物観察」

⑥-3 アクア琵琶で観察

⑥-2アクア琵琶の2階で「生き物観察」

⑦「生き物観察」について、NPO法人 おおつ環境フォーラムの本多先生の解説

⑥観察結果の学習

⑧アンケートの記入

⑦アンケートの記入

田んぼには「いろんな生きもの」が生息していることがわかりました。        植物プランクトン(アオミドロやケイソウ)や水草(ウキクサ)⇒動物プランクトン(ミジンコやワムシ)⇒水生昆虫(ガムシやゲンゴロウの幼虫)⇒両生類(カエルのなかま)、今回観察した地点の田んぼでは「健全な生態系」ができており、今後も守ってゆきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です