めぐみ号で、「湖の日」


自然家族事業南部版「湖の日」で「めぐみ船」に上船し「水草の標本造り」及び琵琶湖博物館で「びわ湖の魚の講話と淡水水族館見学」を体験しました。

★水草の標本造り

「やった~水草標本」うまくできた。

150808 メグミ船⑥ヤッター「水草標本」

①8月8日AM10:00時、浜大津港より環境船「めぐみ号」に乗船

150808 メグミ船①乗船

②「水草の学習」琵琶湖環境科学研究センター、古田先生の講演で始まりました。

150808 メグミ船②水草学習

③見て見て・・・「水草の標本」うまく出来ました。

150808 メグミ船⑦見て見て「水草標本」

④琵琶湖博物館で、 中井先生の「琵琶湖の魚」の講演を聴きました。

150808 メグミ船⑧琵琶湖博物館「びわ湖の魚」

⑤中井先生は「淡水水族館」を案内して下さいました。

150808 メグミ船⑨淡水「水族館」  

⑥淡水水族館(魚は住み良い環境に居ました)

150808 メグミ船⑩淡水「水族館」②

⑦ふたたび「めぐみ号」に乗船し、安曇川

沖の深層水(40mの深さの水)を汲み上げて飲みました。

深層水は11℃と冷たくおいしかった。

※表面の水温は28℃でした。

150808 メグミ船⑪深層水を汲む①

⑧深層水「ちょうだい」

150808 メグミ船⑫深層水「ちょうだい」

⑨「深層水おいしいね」

150808 メグミ船⑬深層水を飲む③

⑩今日の学習結果の「発表とアンケート」を書きました。

150808 メグミ船⑭アンケート記入 150808 メグミ船⑮発表

One thought on “めぐみ号で、「湖の日」

  1. 盛りだくさんな内容でとても満足しました。
    琵琶湖についていくつかの視点から学ぶことができ、琵琶湖の「めぐみ」を大切にしていきたいという思いが高まりました。スタッフのみなさんありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です