自然家族事業「里山の日」②~樹木観察と名札付け~

Pocket

令和元年7月6日(土)、自然家族事業「里山の日」~樹木観察と名札付け~を春日山公園で実施しました。心配されていた雨も降らず、曇り空でしたが暑くもなく、歩くには良かったかもしれません。

朝のごあいさつの後、散策路に沿って樹木の説明を聞きながら歩きました。

イロハカエデは、ちょうど種をつけていて、2枚のプロペラのような羽を観察することが出来ました。まだ柔らかいイガをつけたヤマグリ、触るとかぶれるウルシ、これならわかるスギなどを観察、木の名札を付けました。

草むらにはバッタやカエルもいるし、カミキリムシやチョウ、トンボも飛んでいました。

イノシシがエサを探した跡やぬた場があったり、カエンダケらしきキノコも発見。

あっという間の2時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です