自然家族事業「びわ湖の日」①~湖の学校~

Pocket

令和3年7月31日(土)、「琵琶湖の多様な生きものを支えるモノは何か」のキャッチフレーズの下に、琵琶湖に棲むプランクトンと底生生物の観察と種類の調査を、親子で行いました。

参加者はプランクトン班と底生生物班に別れて、10時から琵琶湖岸で生きもの採集をしました。

その後、採集した生きものの観察をし記録をとりました。

最後に講師から各班のまとめと全体の総括をしていただき、参加者全員“琵琶湖の多様な生きものを支えるモノは何か‟を学ぶことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です