自然家族事業「川の日」①~大宮川の生きものと水質調べ~

Pocket

令和2年9月19日(土)、自然家族事業「川の日」①~大宮川の生きものと水質調べ~を実施しました。心配していたお天気も回復、風の爽やかな活動日和になりました。

朝のご挨拶の後、早速大宮川に向かいます。

日吉大社の中を流れている大宮川に到着、注意点を聞き、さあ、川の中へ!水温は18℃程、ちょっと冷たい水です。

石をひっくり返して裏側に隠れている水生生物やサワガニを捕まえました。

川岸に上がり、捕まえた水生生物の名前調べをしました。写真と見比べてみんな真剣なお顔です。カゲロウやカワゲラの仲間、ヤゴの仲間、トビケラの仲間、サワガニ、ハヤの仲間、アメンボなどがいました。調べた後、水生生物やサワガニ、魚は大宮川に返しました。

さて、坂本公民館に帰って、捕まえた水生生物や魚の名前を発表し、水質の指標生物により、大宮川は「きれいな水」、「ややきれいな水」に分類される水質だと確認しました。

その後、大宮川の水と琵琶湖の水のにおいやにごりを調べました。また、パックテストを使ってpHとCODを測り、試薬でも大宮川は「きれいな水」であることを確認しました。試薬に水を入れる作業が少し難しかったかな?!

大津市には遊べる川がたくさんあります。また、ご家族で遊びに行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です